遺産相続の手続き



1.不動産の相続登記

不動産をお持ちの方が亡くなった場合には、名義変更の手続が必要になります。

相続による名義変更(相続登記)は、ご本人で行う事もできますが、司法書士へ依頼することで、手続きに必要となる戸籍の収集・遺産分割協議書等の書類の作成など面倒な準備もまとめてご依頼いただけます。


2.預金・株式などの相続手続き

預貯金・株式などの財産を持っていた方が亡くなられた場合には、不動産同様に相続手続きを行う必要があります。

不動産の相続と同じく、相続人の方がご自身で手続を行うことも可能ですが、司法書士にご依頼いただければ、相続人の代理人となり、相続手続きから遺産の分配までまとめてサポートすることも可能です。


3.相続手続きについてのお役立ち情報

人が亡くなったとき、その財産の大小に関係なく「相続」が発生します。

誰が相続人となるのか、どのような手続きが必要になるのかについて、当事務所が運営する「相続と遺言の相談室」のページでご確認ください。

➡ 「とまこまい相続と遺言の相談室」はこちら


4.相続放棄について

遺産分割の話し合いの中で、「相続分は要りません。」としても、本当の意味で「相続放棄をした」とは言えません。負債が存在しない場合にはそれでもかまわないのですが、借金などを承継することを避けるために相続放棄をするには、家庭裁判所へ相続放棄の申述の手続を行う必要があります。相続放棄の手続には、「相続発生を知ってから3ヶ月」という厳格な期限があります。当事務所では、3カ月を過ぎてしまっている場合の相続放棄についてのご相談もお受けしております。相続放棄が必要かどうかも含め、ご検討の際はお早めにご相談ください。