不動産の登記手続きサービス

売買・贈与・財産分与などにより家や土地の名義変更をする場合・住宅ローンを完済して銀行の抵当権を抹消する場合・引越しにより土地の名義を新住所に書替える場合・結婚により苗字が変わった場合の氏名の書替えなど、司法書士がお客様の代理人として不動産に関する登記の手続きを行います。


MENU


所有権移転登記

売買や贈与に関する不動産の名義変更手続きを司法書士が代行いたします。

法務局への申請書類のほか、売買契約書や贈与契約書の作成もお任せいただけます。

料金

(売買・贈与・財産分与等による名義変更)

45,000円(税別)~

(売買契約書・贈与契約書等の作成)

5,000円(税別)~


抵当権設定登記

金銭の貸し借りによる担保の設定登記を司法書士が代行いたします。

抵当権設定契約書の作成もお任せいただけます。

料金

(抵当権の設定登記)

30,000円(税別)~

(抵当権設定契約証書の作成)

5,000円(税別)~


住所・氏名変更登記

不動産を所有されている方の住所・氏名に変更があった場合には、その変更を登記する必要があります。

長年放置すると、登記申請時にそろえる書類が増え、手間も増しますので、早めに済ませることをお勧めしております。

住所・氏名の変更登記に必要となる住民票や戸籍謄本の取得のご依頼も可能です。

料金

(登記簿上のお名前や住所の書替え)

15,000円(税別)~

(住民票・戸籍謄本等の取得代行)

1,000円(税別)~


抵当権抹消登記

住宅ローンの完済などによって、抵当権を解除する場合に必要となる登記を司法書士が代行いたします。

銀行などから書類を渡されたまま登記をせずに放置すると、後々、抵当権の抹消登記に大変な手間がかかってしまうこともありますので早めに済ませるようにしましょう。

個人間で設定した抵当権の抹消登記について、弁済証書の作成などもご依頼可能です。

銀行からもらった書類をなくしてしまった場合なども対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。

料金

(銀行の住宅ローン抹消登記※抵当権1つ毎)

15,000円(税別)~

(弁済証書等の作成)

5,000円(税別)~

※抵当権者から発行される場合は弁済証書等の作成は不要です。


注意事項

※不動産の登記費用には、司法書士報酬のほか、登録免許税・郵送費・登記事項証明書の取得費用などの実費がかかります。また、売買契約書・贈与証書等に複雑な起案を要する場合や、住民票等の取得を当事務所に依頼いただく場合には、別途追加費用を申し受けます。

※住所の移転を繰り返しており、その間住所変更登記が行われていないケースなどは、証明書類の取得が複雑になり、追加の費用が発生する場合がございます。

※完済後、相当の年数を経過している抵当権など、通常の登記手続きに比べ複雑となるものにつきましては、別途追加報酬をいただく場合がございます。


不動産登記の手続きに関するトピックス

2019.10.16

所長のブログ「不動産登記を自分でやろうとお考え方!メリットとデメリットをお伝えします!」を掲載しました。➡ブログ記事はこちら