司法書士費用っていくらくらいかかるの?【相続登記編】


こんにちは。司法書士の吉田です。

 

今回は、よくあるお問合せの中から、「司法書士費用ってどれくらいかかるの?」といった質問についてお話いたします。


司法書士費用のなかでも、特にご相談の多い「相続によって不動産の名義変更をする場合」を例にお話しさせていただきます。

司法書士に支払う費用については大きく分けて二つあります。

一つは「司法書士報酬」、もう一つは「実費」です。

「司法書士報酬」とは、その名のとおり司法書士に手続きを任せるための手数料のことを言います。

「実費」とは、手続を完了させるために必要になる役所や法務局への証明書類の取得費・郵送費・交通費・登記の際に法務局へ納める登録免許税などの経費のことをいいます。

「実費」は、ご自身で手続きを行う際にもかかる費用という事になります。


「親が亡くなり、親名義の家を名義変更したい」といった場合、相続による所有権移転登記が必要となります。

まず、手続きにかかる「実費」について順に確認してみましょう。

(手続の詳細はこちらの記事では割愛致します。)

  1. 法務局で登記簿謄本を確認する(戸籍謄本代など:1通600円
  2. 各市区町村の役場で亡くなった方の出生から死亡までの戸籍を収集する(戸籍等の取得費:全部で数千円~1万円程度
  3. 相続人についての戸籍や住民票、印鑑証明書などを取得する(戸籍・住民票などの取得費:数百円~
  4. 法務局へ登記の申請をする(登録免許税:千円~数万円※不動産の価格によります

上記はざっくりとした実費について記載しましたが、これらを郵送で行う場合にはそれだけの郵送費も別途かかります。

相続に関する戸籍等の書類を一通り揃えるためにかかる費用(1~3の部分)についてはだいたい、5,000円から2万円くらいになることが多いです。法務局への登録免許税に関しては、相続する不動産の評価額×0.4%の金額となります。

※不動産の評価額は、固定資産税の納税通知書に記載されています。

つぎに、司法書士報酬についてですが、これは司法書士事務所によって料金設定が自由に決められますので、画一的な目安というものはありません。同じ金額でもサービス内容が異なる場合もありますので、どこが安い・高いといったことも一概にお伝えすることができません。

当事務所についていえば、ごくシンプルな相続に登記手続きのお客様については司法書士報酬3万5000円から承っております。

一般的なボリュームの相続登記ですと、およそ5万円~10万円の司法書士報酬となる場合が多く、実費も合わせると合計で8万円~13万円くらいになる場合がほとんどです。ただし、不動産の個数・相続に関係する人数・集める戸籍の数などによって料金も変動しますので、具体的な費用は、手続内容を確認したうえでお見積りさせていただいております。


以上、とても簡単にですが、司法書士にかかる費用【相続登記編】についてお話させていただきました。

司法書士に支払う費用の内訳をご説明すると、意外に実費の部分が多いことに気づかれる方も多くいらっしゃいます。

どの程度の実費が予想されるのか、司法書士に依頼する場合と、ご自身で手続きされる場合の比較などについてもお気軽にお問合せ下さい。